環境問題に貢献するディスポーザ

環境ってなんでしょう。環境といえば、人や生物を取り巻く、家庭・社会・自然など外的な事の呼び名です。
家庭という小さな場から、学校、会社、地域社会、国、ひいては地球という大きな場までスケール感はいろいろです。人は生きていく上で、この「環境」から大きな影響を受け、与えます。

そして、環境問題と言ったら、思い浮かぶことは公害や廃棄物、CO2排出による地球温暖化などです。
環境問題とディスポーザ?何か関連あるのでしょうか?考えてみましょう。

家庭内環境の向上に貢献

まず、小さな単位である家庭、家のキッチンにおける環境をディスポーザは衛生面で貢献してくれます。
生ごみが存在することによる、臭い、ごみの腐敗、コバエやゴキブリ、蟻などの虫たちや、時にはネズミも!
シンクまわりのぬめりなどさまざまな不潔な状況。これらをディスポーザは、解決してくれるのです。

また、上記のような物理的な環境衛生に貢献してくれるばかりでなく

  • 生ごみを扱う際の様々なストレス
  • 溜めておく場所の汚れ、ぬめりが気になる
  • ごみ移動時の汁たれがイヤ(この処理って名もなき家事ですよね)
  • ごみ出しの時や二階キッチンリビングから下におろすとき重くて大変
  • マンションのエレベーター内で臭いがすると肩身が狭い
  • ごみ出しの日までベランダや庭に置いておくとカラスやハクビシンに荒らされる

…などなどから解放されて精神衛生にもいいですね!

地球環境 → エネルギーやCO2排出削減に貢献

機械処理タイプのディスポーザ排水処理システム

ごみ収集車のガソリンの消費を減らし、CO2削減にも貢献

キッチンカラットのようなディスポーザ排水処理システムでごみが乾燥・減量されると、ごみ収集車の運搬の量が減ります。それによって、運搬に使用するガソリンなどのエネルギー消費も減り、車から排出されるCO2も削減されます。

ごみ焼却炉の負担減、CO2削減にも貢献

水分の多い生ごみが減ればごみ焼却燃料も削減できますし、焼却時に排出されるCO2も削減できます。このようにエネルギー削減やCO2排出削減といった、環境問題への貢献にもなるんです。

肥料として再利用

さらに、この乾燥ごみを「土と混ぜて」発酵させることで、肥料として再利用することもできます。
食べ物が原料ですので安心で上質な有機肥料ができます。
家庭菜園やガーデニングに使って、お子様と一緒に楽しめば、SDGsを家庭生活の中で実体験させることができますね。

まとめ

いかがですか?のお姉さん|処理槽不要のディスポーザー|キッチンカラット (1)いかかでしょう。

これからは、次世代のために生存可能な地球環境を持続させていくことをいつも意識して行動することがマストな時代です。様々な視点から見ても、環境に貢献することができるディスポーザ。特にごみを乾燥させる機械処理タイプのディスポーザは、貢献度が高いですね。

ディスポーザを使って、エシカルでサステナブルな生活を始めてみませんか。

ちくま精機の『キッチンカラット』

disposer-certified@2x戸建てで使える
処理槽不要なディスポーザ生ごみ処理機

キッチンカラットはシンク直結型なので調理後の生ごみをそのまま流すだけでOK。清潔で簡単に 生ごみを処理できます。

こんな人に支持されています
  • 処理槽に費用がかかり設置をあきらめた
  • 戸建てに設置したい・後づけしたい
  • マンションに排水処理設備がなかった
  • 地球環境の改善に少しでも貢献したい

 

『キッチンカラット』のページを見る